あと-61
千歳市空港開港100
大正15年10月22日
村民手造りの着陸場に
「北海」 第1号が飛来して100年
Spirit of
CHITOSE
「空港があることの誇り」
を次の100年へ
1926年に千歳村民が勤労奉仕のもと
造り上げた着陸場に「北海」第1号が飛来した。
このことを千歳の空港開港の起源とし、
2026年10月22日をもって
空港開港100年の節目を迎える。

市長メッセージ

千歳市長
横田 隆一
本市は、空港の発展とともに成長してきており、その空港の原点は、大正15年10月22日、当時の千歳村の住民が勤労奉仕で無償の汗を流し、原野に一本の着陸場を造成し、小樽新聞社(現在の北海道新聞社)所有の「北海」第1号が着陸したことにはじまります。
先人たちが夢を託した一本の着陸場は、現在の航空自衛隊千歳基地や北海道の空の玄関口である新千歳空港へと変貌を遂げ発展してまいりました。

令和8年に迎える空港開港100年の節目を契機に、歴史を再認識し、先人の偉業を地域の誇りとしてたたえるとともに、事に当たって一致協力する「スピリット・オブ・チトセ」の精神を継承し、郷土愛を育み、「空港があることの誇り」を後世へと伝え、この節目を次の100年に向けた、まちの更なる成長・発展につながるスタートラインとしたいと考えております。

この空港開港100年記念事業が、一過性で終わるものではなく、記憶に残る印象深いものとなるよう、市民をはじめ関係者の皆様と盛大に祝賀してまいりたいと考えておりますので、皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

空港の歴史